本は古本では無く新品で買うべき3つの理由

 

あなたは本は、
中古で買う派だろうか?
それとも新品で買う派だろうか?

 

私は専ら本に関しては、
新品で購入する派なのだが、
本は古本では無く、
新品で購入するべきだと思っている。

 

その理由について、
話をしていこうと思う。

 

そもそもそこまで値段が変わらない

 

まず初めに、
そもそもそこまで値段が変わらないから

 

本によって変わってくると思うが、
特に新しく発売されたような本だと、
新品で購入しようが、
古本で購入しようが、
そこまで値段の変わらないことが多く
そこまで値段が変わらないのであれば、
新品で購入した方が、
気持ちよく本も読めるだろう。

 

自己投資だから

 

次に、
自己投資だから

 

漫画やゲームなどとは違い、
本の場合、
資格のためや、
勉強のためなど、
自分の知識や能力を向上させるために買うことが多く、
そういう自己投資のお金は、
あまりケチらない方がいいから。

 

自己投資にお金をケチるような人間は、
三流の人間である。

 

新品で購入した方が本を大事にし真面目に読むから

 

最後に、
新品で購入した方が本を大事にし真面目に読むから。

 

これは実体験でも言えるのだけど、
中古で購入した本は、
最後まで読まないことが多く
また逆に、
新品で購入した本は最後までしっかりと読むことが多い

 

本は買うだけでは、
知識もつかなければ、
勉強にもならないので、
どうせなら新品で購入して、
最後までしっかりと読む方がいいだろう。

 

終わりに

 

特に私は、
本はアマゾンで買うことが多いのだが、
アマゾンの場合、
中古だろうが新品だろうが、
そこまで値段が変わらないことが多く、
新品であれば、
送料がかからないことが多いため、
ほとんどの本を新品で購入するようにしている。

 

特に自己投資という観点から言えば、
間違いなく中古で購入するよりも、
新品で購入した方が、
自分のためになることが多いので、
本は中古よりも新品で買う方がおすすめである。

 

トップページへ