本は書店よりもアマゾンで購入した方がいい3つの理由

 

あなたは、
本は本屋などの実店舗で購入する派だろうか?

 

それとも、
アマゾンや楽天などの、
通販などで購入する派だろうか?

 

私は以前までは、
ほとんど実店舗で購入していたのだが、
今ではほとんどアマゾンで購入している

 

なぜ、
書店では無く、
アマゾンで購入しているのか。

 

その理由について、
話をしていこうと思う。

 

欲しい本が見つかりやすい

 

まず初めに、
欲しい本が見つかりやすいから

 

例えば、
あなたがあるジャンルの本を探しているとする。

 

例えば、
資格の勉強がしたくて、
TOEICの本を探しているとしよう。

 

すると、
アマゾンの検索窓に、
TOEICと打つと、
見事にユーザーから見て、
評価が高い順に、
並んでアマゾンの検索画面に現れてくれるのである。

 

実際に、
アマゾンを使えばわかると思うが、
この機能は当然書店には無く、
(書店はただ無造作に本が並べられているだけのことが多いから。)
自分が欲しい本が、
見つかりやすいのが、
書店よりもアマゾンなのである。

 

評価が見れる

 

次に、
評価が見れること

 

これは、
本に限ったことでは無いのだけど、
アマゾンの場合、
実際に本を買った人間の口コミなどを見れることが多い

 

全ての口コミが信頼できるわけではないが、
口コミというのは、
何にも評価が無いよりは、
信頼出来ることが多い

 

新書ならば送料が無料で中古ならば最安値で購入することが出来る

 

最後に、
新書ならば送料が無料で中古ならば最安値で購入することが出来ること

 

アマゾンの場合、
中古ならば、
送料がかかることが多いが、
新書ならば、
基本的に送料は無料である。

 

これも、
アマゾンを使う大きなメリットの一つだろう。

 

終わりに

 

事実、
本に限ったことでは無く、
私はたくさんの商品をアマゾンで買うことが多い。

 

なかなかネット通販などをしたことが無い人は、
アマゾンなどはなじみ深くないかもしれないが、
一度使ってみれば、
その便利さに病みつきになると思うので、
特に本は、
アマゾンで購入するのがおすすめである。

 

トップページへ