インターネットの情報と本の情報の3つの違い

 

今の時代は、
ひと昔前の時代と変わり、
インターネットが猛烈に発達し、
スマホが登場したおかげで、
誰でも簡単にネット検索を通じてそれなりに質の高い情報を得ることが出来るようになった。

 

しかしながら、
インターネットの情報と本の情報では明らかな違いは存在する。

 

そこで今回は、
インターネットの情報と本の情報の違いについて
話をしていきたいと思う。

 

本の方が情報の正確性は圧倒的に高い

 

まず初めに、
本の方が情報の正確性は圧倒的に高いこと

 

インターネットの情報と、
本の情報を比較すると、
情報の正確性は本の方が圧倒的に高い。

 

正確には分野にもよるのだけど、
本というのは有料であり、
ネットの情報というのは無料なので、
無料の情報と有料の情報と比較すれば、
有料の情報の方が価値が高いということである。

 

また、
本は有名な人物であったり、
権威がある人物が書いていることが多いが、
ネットは誰でも書けるので、
当然本の情報の方が外れの情報は少ないということになる。

 

インターネットの方が情報を探しやすい

 

次に、
インターネットの方が情報を探しやすいこと

 

インターネットの方が、
本と比べて、
情報は探しやすい。

 

なぜならば、
インターネットは検索して情報を探すことが出来るからである。

 

本は検索して情報を探すことは出来ない。

 

情報の探しやすさだけで言えば、
ネットの方が圧倒的に上である。

 

インターネットにはゴミも多い

 

最後に、
インターネットにはゴミも多いこと

 

インターネットの情報は、
その分野で有名な人間から、
また無名な人間までどんな人間でも情報発信することが出来るので、
ゴミが多いことは事実である。

 

ただ、
ゴミの情報は検索エンジンの性質上、
見つけにくいので、
特に今の時代はゴミの情報に出会うことは少ないと思うが。

 

終わりに

 

以上がインターネットの情報と本の情報の違いである。

 

個人的には、
あなたがむちゃくちゃ関心がある分野であったり、
興味がある分野であれば、
分野にもよるがネットの情報では満足できない可能性が高いので、
本を読んでみたり、
本の情報を探してみることがおすすめである。

 

そこまで興味が無かったり、
どうでもいいようなことは、
ネットの情報で十分の可能性が高いので、
そういう情報であれば、
ネットの情報を利用するのがいいだろう。